必見!企業にも労働者にも欠かせない存在の社労士について知ろう!


社労士とはどんな資格か?

社労士は労働法や社会保険の専門家であり、国家試験に合格しないと独占業務に携わることができません。試験の難易度は税理士や公認会計士に次いで難しいと言われています。その試験内容も他の国家資格と重なる部分が少なく、社労士試験特有の知識を求められるので、合格には相当の努力が必要となるでしょう。

社労士の仕事内容とは?

社労士の主な仕事として、雇用契約書や就業規則のほか、労働者名簿・賃金台帳・出勤簿という法定3帳簿の作成が挙げられます。また、依頼者が権利行使できるようにするため、行政機関と交渉し社会保険や助成金申請の手続きの代行などを行います。こうした仕事は社労士の独占業務であり、社労士の資格が無いと関わることができません。また、コンサルタントとして雇用関係や社会保険に関する相談やアドバイスを手がけることもあります。企業にとって、労働時間や賃金に関する労務管理の検討や就業規則の修正は、人事の摩擦・軋轢を防ぐうえで欠かせません。それから、個人の年金の受給に関する相談にも応じ、申請手続きの代行も引き受けます。

ブラック企業撲滅に貢献する社労士の役割

医師に勤務医と開業医があるように、社労士にも勤務社労士と開業社労士があります。勤務社労士は社労士事務所などと雇用契約を結び、顧問先の企業のために働きます。これに対し、開業社労士は、独立開業して個人事業主となり、社労士の独占業務を行っているのです。いずれにしても、従業員や顧客に関し正しい労務関係が築かれ、適切な社会保険適用が行われるよう尽力しなければなりません。こうした社労士の活躍により、ブラック企業が減り、安定した雇用と快適な就業環境が保持されることが、社労士の目的と言えるでしょう。

渋谷はIT系の企業が集まっており、渋谷の社労士はIT系に関する知見が深い場合が多いです。IT系の仕事をする場合、利用価値が高いと思われます。